これが真の実力!?「Insta360 ONE X」5.7K最大解像度で全天周VR動画を書出すPCアプリ「Insta360 Studio」登場!その画質はいかに?そして発売前に早くもファームウェア更新

Insta360 ONE X 発売前のテスト機を試用した5.7Kの全天周動画です。VR再生で実際に見える範囲は5.7K内の一部となります。アマゾンでの諸々のアイテムの購入は以下に
本体 Insta360 ONE Xこちら→ https://amzn.to/2OjljOU
またはこちら→ https://amzn.to/2ytD9Em
自撮り棒→ https://amzn.to/2RDku1v
3mの自撮り棒→ https://amzn.to/2RGCIiT
※購入リンクはAmazonアソシエイトリンクを使用しております。
#Insta360 #GoProFusion #THETA

パソコン用アプリ「Insta360 Studio」はこの動画の公開時点ではベータ版です。ほか、ファームウェアなど Insta360 ONE X に関するアプリのチェックはこちらのリンク先にて
→ https://www.insta360.com/download/insta360-onex

—————————————————————-

公開までのワークフローについて:
Insta360 ONE X にて撮影した「.insv」データを、360度編集ソフトウェア「Insta360 Studio for ONE X(Beta)」にて展開および書き出し 5,760 x 2,880ピクセル、フレームレート29.97fps、ビットレート Original 約100Mbps という設定。※手ぶれ補正「FlowState」機能をONに。

Adobe Premiere Pro CC にて3動画ファイルをカット編集、テロップを挿入。同シーケンスをAdobe Media Encoder CC にて書出し。設定は基本的にはプリセットの「VR Monoscopic Match Source Stereo Audio」ですが、解像度が上記につづき5.7Kサイズとなるため、ビットレートは倍ほど。1パスVBR、ターゲットビットレート100Mbps、最大ビットレート200Mbps

以上で生成された動画をYouTubeへアップロード、おそらくはYouTubeなりのエンコードが何がしか行われているでしょう。ということで、元の画質は到底保てていないとは思いますし、ましてやベータ版アプリなので、そのへんは考慮したうえで観賞されると良いかと思います。パッと見ただけでもステッチングが甘いですし、視点同期ができないのもかなりツライところですね( ^ω^ )

—————————————————————-

その他のInsta360、全天球カメラのレビューは以下にリンク

Insta360 ONE X 全天周アクションカムついに登場!この手ブレ補正!この高画質化!GoPro Fusion の解像度を超える5.7K記録

Insta360 ONE X 撮って出しムービー!あの5.7K記録の全天周VR動画の実力はどうか?くるくる回しながらご覧ください

Insta360 ONE くるくる回すやつ

GoPro Fusion くるくる回すやつ

3メートルの自撮り棒

Insta360 ONE 自動追尾など

GoPro Fusion レビュー

INSTA360 ONE 手ブレ補正

RICOH THETA V ぐるぐる回すやつ

RICOH THETA V レビュー

GoPro HERO7 を従来機と手ブレ補正対決

Insta360 PanoClip もっとも簡易的なやつ

Insta360 Nano S ワイプ撮り

Insta360 Nano S 撮って出しグルグル

YouTubeチャンネル登録はこちら→ http://www.youtube.com/user/jetdaisuke?sub_confirmation=1
写真パネル販売中→ https://www.uuum.jp/posts/6685 (≧∇≦)
インスタグラム→ https://instagram.com/jetdaisuke/ ♪(´ε` )
ツイッター→ https://twitter.com/jetdaisuke ( ^ω^ )
著書「YouTubeで食べていく」http://amzn.to/2iZav4o 光文社新書刊

【最後まで読んでくれた律儀な皆さんに一言】
うーん、さすがに5.7Kの動画ともなると動画の書き出しには時間がかかりますね。むむむのむーん!

source